風俗嬢にとって大切なことの一つとして『断り上手であること』があります

自分の下着にスマホを差し込む女性

風俗求人の情報を検索し、できそうな業種とよさそうなお店を見つけてお仕事を始めることになってから、現場に立ってはじめて分かること、心得ておく必要があることがあります。

それは、「断り上手」になること。風俗店は業態ごとにサービスが決められており、それに応じて料金と報酬が設定されています。

しかし顧客の男性の中には、それでは満足できずに追加料金と引き換えに(悪質な顧客の場合無理矢理)さらなるサービスを求めてくる方も決して珍しくありません。

お店のシステムとしてそのような追加オーダーを了承している所があるかもしれませんが、基本的にはNGです。しかしだからといっていきなり事務的な断り方をしてしまっても、その場の雰囲気を悪くしてしまいます。

嫌だと思っていても求められるままに引き受けてしまうと、ストレスになって精神的に病んでしまうかもしれません。ですから雰囲気よく「だ~め(ハート)」が言えること、というのは仕事の上でも自分を守るためでも、風俗店に勤務する女性には必須のスキルです。

顧客の男性もシステム上駄目なことくらい分かっているのですが、それでも可愛く断られると気持ちが余計に盛り上がると言うものです。

この手のトラブルは風俗店では日常茶飯事で、事態を収束するための男性スタッフが最後には助けてくれるようになっています。

しかしそれはあくまで最終手段であり、ひとたび発動してしまったらその顧客は再びあなたを指名することが無くなってしまうでしょう。

無理な注文は可愛く華麗にかわす、という断るスキルは日頃の生活でも使うことのできる便利なものです。風俗店の勤務でしっかり磨いておくと、対人関係で苦手だったことが何でもなくなってしまうかもしれません。

 

作成者: SUGA SIMOGISI